[Cworld制作記] 初のカスタムワールド制作2(企画参加)

カスタムワールド制作記2カスタム制作

前回の記事から2日経ちました。
5/28スタートで製作を始めましたがあっという間です。

そんな昨日は参加企画の第1回目のファイル提出をしたのですが、そこでもとんだやらかしをしてしまいました。

まず、提出するマップ数は1つなのに4つ入れて提出(全部分けて作ってました…)
次にどうやって分かれているマップを1つにまとめるか?(これはテクニックを9nanometer氏から教えてもらいました)
最後にカスタムゴッドのcmpファイルへの梱包がよくわからなかった(また忘れそうなので、後述しておきます)

しっちゃかめっちゃかだったのですが主催者からの助けもあり、やらかしながらも何とか問題は解決しました。

なお2回目に再提出したファイルは無事にチェック通過&次回実装予定となり、OKされました。本当によかった…。
もう「カスタムゴッドの休戦地」の新Verが更新されたようなので、ダウンロードページを紹介します。【こちら

ということで今回は新たに躓いたり完成までに知った事を、書き残しておこうと思います。
カスタムワールド及びカスタムマップ作りに興味ある人も、似たような所で悩むかもしれません。
そんな時に参考になれば幸いです。なにより自分がまた同じような躓きをすると思うので覚え書きです…。

カスタムマップをフォルダ別に複数作ってしまった

これは作成している時まっったくおかしいと思っていませんでした。
マップっていうからには1つの場所につき1つのcmpファイルかと思ってました。
提出後、主催者から「cmpファイルを複数に分けているのは何故?」と質問されて、あれっ?このマップ(入り口・聖地1・聖地2・ネフィアの4つ)って、まさかひとつの自物件で作れるのか?と焦ってしまいました。作れました。
教えてもらった「1つの自物件で複数のマップを作る」色々な方法を記載しておきます。

1つの自物件の階層を使って複数のマップを作る

自物件にも色々ありますが、「古城」またはDebugモード時に「F5:願い」で気軽に願える「ダンジョン」や
「住み心地のいい家」を選択する場合が多いようです。我が家に拘らないなら「ダンジョン」も良いかもしれません。
作り方によってはおそらく大きな町なども作れそうです。
※「願い」で『権利書』と願うと「住み心地のいい家の権利書」しかもらえません。ダンジョンは『ダンジョンの権利書』と願えばもらえます。

今回の例は自分が選んだ「古城」です。
なかなか権利書が売られている所を見つけられなかったりするので、運が悪いとちょっと大変です。

cmapの構成はどうなるのか

自分の用意したカスタムゴッドは2体だったので、聖地が2つ必要になりました。
そのため、

【入り口】これはその名の通り最初の階です。自物件に入った最初のフロアになります。
【聖地1】カスゴ1のための聖地マップになります。階層はB1F、地下1階です。
【聖地2】カスゴ2のための聖地マップになります。階層はB2F、地下2階です。

この3つが必要になります。

実際のマップ制作の工程

まずは自物件を建てる前に、マップエディタを起動します。
※マップエディタが起動しない!という人は自分と似た所で躓いてるかもしれません。前記事を参考にしてください。

カスタムワールド制作:マップエディタ

マップエディタが開けたら、次に以下を選んでください。
カスタムワールド制作:マップエディタ

今回は古城なので、home5.mapを選びます。すると以下のように画面が変わります。

カスタムワールド制作:マップエディタ

ここからは自分の好きなように描いていく事が可能です。
右にあるマップチップを右クリックして選び、マップのキャンバスに配置していきます。
完成したら上部メニューのFileから「Save Map」をクリックします。するとジャーナルに書き込まれた時の効果音がします。
※マップエディタは体感で不安定な挙動を結構するので、こまめにセーブしたり長時間かけずに一度落としてから、起動し直すのもありです。

他にもModeという項目からアイテムを配置したりNPCを配置できるのですが、
その辺りの機能についてはElonaカスタムワールドまとめWiki様マップエディタの頁に一覧があるので参照してください。

そして、ここでElona_MMAを起動し、古城の権利書を使って自物件に入ります。
するとマップエディタで編集した状態になって1階に入れます。

カスタムワールド制作:マップエディタ
他の階も見たい所ですが、うっかり階段で降りると、1階と同じ見た目のマップが生成されてしまいます。
なので確認をしたらここでゲームをセーブして終わります。
※マップより画面の血飛沫が気になると思いますが、これはCNPCの設定ミスで何度もミンチにした結果そうなっています…。
 なおマップが全て完成した後にF8キーからカスタムマップの作成をしますが、その際は血飛沫などは消えるので安心してください。

ここまでが1フロアマップ分の制作作業となります。

最初の1階以降の制作の流れは、

マップエディタを開く

自物件のmapファイルをロードする

マップを作る

マップをセーブする

MMAを起動する

自物件にマップが反映されているか、降り階段で地下に降り確認する

以上の繰り返しを、必要なマップ数の分だけ行います。
なおすべてのフロアマップが出来上がった後に、F8キーから「カスタムマップの作成」をしますが、
ワープでマップ間を移動したい場合は階段があると移動できてしまうので、作成前に階段はすべて回収する必要があります。
地下2階で回収したら脱出or帰還→地下1階で回収したら脱出or帰還→1階の降り階段を回収して、ここでやっと作成です。

ちなみに自分は当初、3階までのマップを作るつもりでしたが、
ここから以下のパターンで作る事になります。

階層の途中にランダムネフィアも挟んだ例

自分が今回の企画で制作したのは、この形になります。
最初は「入り口・聖地1・聖地2」の3マップを、1つのcmpファイルにまとめてみる、という話だったのですが、
実装したかった「ランダムネフィア」まで1つに作成可能ということで、最初は難しそうだ…と思いましたがやってみました。

教えてもらった構成は以下の内容です。

【ランダムに3階層のマップを作る場合】

1階層:エントランス(1階)
2~4階層:ランダムマップ
5階層:聖地1(地下1階)
6~8階層:ランダムマップ
9階層:聖地2(地下2階)
10~12階層:ランダムマップ
13階層:ランダムネフィアの1階層目(地下3階)
14~16階層:ランダムマップ
17階層:ランダムネフィアの5階層目(地下4階)

これは1階からB1階、B1階からB2階…の間に、3フロア分のランダムマップが挟まる構成です。
つまりこれを利用すればレシマスやすくつのようなネフィアを作れるということになります。
しかし自分は「5階層のランダムネフィア」を実装したかったので、
ネフィア入り口を地下4階に作り、地下5階にネフィアの最下層をつくりました。
14~16階層の部分がネフィアになります。なおこの階層の深さが出現するモンスターのLv帯にも影響します。

cmap.txtへの記述は以下になります。

cmaplevel.	"1"//最初の階層は1階なので1
cmapstartlevel.	"1"//生成元マップの取込フロア上限設定。一番上の階は今回1階なので1
cmapendlevel.	"5"//生成元マップの取込フロア下限設定。一番下の階は今回地下4階なので5
cmaprandomlevel.	"3"//ランダム階層の追加設定。上記の構成にするため数値は3

モンスターの強さを調整したい時は、もっと上の階層をネフィアとして使えばいいと思います。
※最初に別フォルダで作成したランダムネフィアはLv2~5相当程度だったので、コボルトからのブレイドあたりが
強敵だったのですが、今回14~16階層に変わったためモンスターの面子も変わり、妖精やライトニングハウンド、
地雷犬にカミカゼイークの大群などなど中盤における鬼門メンバーが勢揃いでビビりました。
難易度変えるか聞いてもらえたんですが、多分、ここまで来るプレイヤー達はスウォームやみだれうちや魔力の嵐とか
使いまくれるくらいのスキルLv持ってる人多いだろうと思ったので、そのままで実装しました。
※とあるCNPCモンスターのドロップ品を集めないといけないんですけど、そのヒントが『音』なんですね。MMAにおける農民がやるアレです。
でもボルトの発射音やらワープ音がすごいのであまり聞こえません…がんばって目視で見つけてください(完敗)

カスタムゴッドをカスタムマップへ梱包する方法

神々の聖地というのがテーマの企画だったので、当然カスタムマップにはカスタムゴッドを梱包する必要があります。
そこで自分は最初、カスタムゴッドのデータをcmapファイルに入れて「願い」で祭壇を手に入れ、
カスゴで祭壇乗っ取りという形をとりました。
しかし、テストしてみるとそこにはただの祭壇…一体なにが足りないんだろうとこれにはかなり悩みました。
悩んだ末に教えてもらったのが、cmap.txtに記述する”cmapincludeugod.”の項目です。
ここにカスゴのファイル名を記述する必要がありました。

cmapincludeugod.	"Handworking Nui"//拡張子は不要です

ちなみに自分はカスタムゴッドが2体いたので、記述がわからず梱包されなくて七転八倒してました。
以下のように書けばOKのようです。

cmapincludeugod.	"Dayna of Automata"
cmapincludeugod.	"Hardworking Nui"

カスタムワールドを作る人の中には、やはりその世界の神々を作りたいと考える人が多いと思います。
となるとカスタムゴッドの梱包はワールド作りにおいて、かなり必須な所かもしれません。

初心者な自分がやった凡ミス

特定の階層でシーンが発生しなかった

これはものすごく単純な話です。
sc1ファイルに記述するべき最初の番号、ここには{*階層+100000}が入るのですが、0がひとつ足りなかった
(正)100005 (誤)10005
本当に些細なミスですが、0の羅列を眺めていると何が間違ってるのか分からなかったりして恐ろしいです。

シーン番号に{0}を入れていたらmgdataを使ったクエストが進行しなかった

お使いクエストを実装していたのですが、どうもCNPCとの会話がおかしくなりました。
該当CNPCは地下2階(9階層)にいるんですが、試しに1階に配置したら会話がちゃんと動作している…。
これはうっかりしました、つまり変数が変わった事でCNPCのフラグも変わってしまいました。

mgdata0~mgdata99までが使用可能、初期値は0

この初期値をシーンで使っていたため、代わりに階層番号{100001}を入れて対処したら解決しました。

カスタムワールド及びカスタムマップを初めて作ってみて

今までは画像差し替えで遊ぶ事はあっても、カスタムワールドはとても敷居が高くてプレイする事しかできませんでした。
今回はカスゴ聖地企画を見て、おおすごい自分もやろう、の勢いでカスゴ作って…の流れだったため、
他の人に確認してもらってから問題点がどかどか出てきて正直焦りました(完成させられるのかどうか…)
難しいのは作れないだろうから、このくらいの物ができたらいいなあ…が、逆にどれだけ難しいか痛感させられました。
なんでもそうですが、畑が違うと大変そうだけどどのくらい大変かわからない…、というのが初心者の悲しい所です。
主催者の9nanometer氏にはあれもこれもと何度も質問してしまいましたが、自分がこういう物を作りたいと聞いた時に
すっと解説がもらえて有り難かったです。この度は本当にお世話になりました。ありがとうございました。
機会があればまたカスタムマップからカスタムワールドまで、なにか作るのも楽しそうだと思っています。

Comment|コメント

タイトルとURLをコピーしました